Case Study
事例紹介

まちを活性化させるためにできること

調布市まち活フェスタ実行委員会のキックオフで、Talk Tree WORKSHOPを実施しました。
様々な分野の市民活動の代表者の協働が、能動的主体的に地域に参画する市民をつくり、次の市民活動を生み出すというサイクルを起こす起点にこの活動がなるように、目的をしっかり見据えて、活動を見出す機会になりました。
行政、社協、市民という立場の違う人たちが、同じ目的をしっかり持ち続けることの難しさを感じました。このワークがさらなる好循環を起こす作用になったかな。かなり、主催者の皆さんと深く課題の構造を見たことで骨格のしっかりしたワークになったかと。

テーマ
ミッションを深める
分野
コミュニティ
実施日
2017年9月25日月曜日
場所
調布市市民プラザあくろす2階 市民活動支援センター(東京都調布市国領町2-5-15)
主催
調布まち活フェスタ実行委員
対象
調布まち活フェスタ実行委員
参加人数
18人
ファシリテーター
加藤未礼 濱野裕貴子 五十嵐あきえ

お申し込み・お問い合わせ