Facilitator
ファシリテーター紹介

堀口美奈子

プロフィール

特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、訪問介護事業所等の福祉施設・事業所勤務を経て、現在は教育機関で福祉人材の育成に携わっている。ときどき、障害がある人が通う施設コンサルティングのお手伝い、福祉に関するセミナーや研修の講師などを行っている。研修での学びを実践現場に活かす学習デザインに興味がある。群馬県在住。

クライアントに向けて

福祉現場には、想いはあるけど言語化するのは苦手、と思っている職員さんが沢山いると感じています。また、これからや今について色々考えるけれど、もやもやしていて形にならないと感じている職員さんも少なくないとも感じます(少なくとも、福祉現場で働いていた時の自分はそうでした)。

自分(達)が今していることの意味は何で、何を課題として捉えているか。自分(達)は何を目的に、どんなコンセプトで、誰のために何をしたいと思っている(又は、している)のか。そもそも、なぜしようと思ったか。

こうした自分(達)の思考のカタチがみえると、これ迄の意味付けやこれからのいき方がみえてきますが、思考はもやもや、ふわふわしていてカタチにするのがなかなかに難しい、が正直なところではないかと思います。

得意分野

福祉、教育